青の6号

The end meets the beginning.

直島の風景に殴られた(2)

 誰もいない海岸の透き通った波打ち際に足をそっと入れる。なんだこの海岸は、プライベートビーチみないな海岸は。

 

f:id:ao6:20170721105216j:plain

 一泳ぎしてから木陰のベンチに座って乾いたそよ風にふかれながら、さっき行ったベネッセMuseumを思い出す。

 この美術館のデザインは、美術館本体をどこに建築するかから始まった。穏やかな瀬戸の海に突き出したこの半島に決まったのは当然の帰結のように思う。完璧なロケーションだろう。等高線をそのまま利用して立体的な導線を作り出している。眺め良し。例によってコンクリートで切り取った青空と、作品とのコントラストが見事だ。

 順路というものがない美術館は人々が好き勝手な順序で鑑賞してゆく。同じ方向だったり、ぶつかり合ったり、一カ所にとどまったり。やはり美術館は建築と作品との一体感がないと面白くないと、上下左右に続く道を歩みながら思う。京都〇代美術館の退屈な間取りと比較する。

 美術館へ続く道を、徒歩と専用小型バスに限定している点も評価できる。車でも行けないし、レンタル自転車でも行けないようになっている。周りの環境を保つには必要だ。

 さて、次は家プロジェクトゾーンへ行くか!