青の6号

The end meets the beginning.

2018彦根東の特色選抜入試【英語】の大問1の正答例の件

英語力を見る問題なら、せめて英語らしい文章構造にして欲しいと思う。

 

2018年実施の滋賀県特色選抜入試の彦根東高校の大問1→問題と正答例 http://www.hikonehg-h.shiga-ec.ed.jp/examproblem/14294.html

 

まず設問1。文脈から考えて、適切なフレーズを考える問題で、指定語数は5語から10語だ。当該参考の場所は第1パラグラフの第3文: Now, I'll tell you [  1  ]。従って、スピーチ全体から判断して書かれるべきである。しかし、正答例 "why he is studying African plants used as medicine" は第1パラグラフ後半のくだりのみに対応したもので、これから話すことの概要ではない。ここは、"about his study and its purpose/dream" (筆者)で十分。

  

次に設問2。That means I can change the world. を元の挿入位置に戻す脱文挿入問題。正答は I can make the world a little better. に続ける文としている。しかし、これでは同じ内容を2度述べているに過ぎない。せめて、 If I keep this, I will be able to give the world something better. (筆者) 程度の説明が必要だろう。

 

最もひどいのが設問5。先生の英語の質問に対してあなたなら何をするかを問う英作文問題。問題文に登場するショウタ君は、I want to do something that will help other people. とだけしか言っていない。他人を助けるために具体的に何をするかは何も言っていない。さらにその後、To do that, I need find things I can do. これからそれを見つける必要があると言っている。にもかかわらず先生の問いかけは「ただし、ショウタ君との発表と異なる内容にすること」という条件があるが、そもそもショウタ君は何をするのかを述べていない。

  

最後に本文の中で、変な英文だと感じるものがあった。

Now I have a bug dream before me.

夢が自分の前にある? この文は、Now I have a big dream in mind. とするべきだ。また、夢の内容がさっぱりわからないままで終わるのはいかがなものか? スピーチの終わりにはふさわしくない。